結婚披露宴を獅子舞で演出いたします

一生の記念日だからこそ演出にはこだわりたいもの。

宇津さん

まずは動画で実際の様子をご覧ください


結婚式・結婚披露宴と相性の良い獅子舞

全国各地の結婚披露宴に出張派遣しています。
依頼主は様々。

  • 新郎新婦ご本人様から
  • 親族・ご友人からのプレゼントとして
  • ホテルやハウスウエディングのご担当者様から
  • ウエディングプランナー様から
  • 結婚披露宴で獅子舞

    結婚式演出の定番パターン

    • 入場の際の新郎新婦の先導
    • お色直しの入退場時の先導
    • ゲストの方々のテーブル訪問(キャンドルサービスに替えて)
    • 余興としての演舞

    獅子舞は和装・洋装どちらにも合います。
    洋装の結婚披露宴で獅子舞

    結婚披露宴での獅子舞演出 事例紹介

    東京都 国際結婚のK様

    ドイツ国籍の新郎様のご家族は、披露宴のために初来日。
    ぜひ日本の獅子舞を見てほしい、というご依頼でした。

    興奮した新郎様のお父様が、終宴後にごあいさつにお越し下さいました。
    残念ながら言葉が理解できませんでしたが、お喜びいただけた様子がよく分かりました。
    国際結婚の結婚披露宴で獅子舞

    宮城県 O様披露宴 獅子舞と和太鼓演奏の15分ステージ

    お色直しの際の余興としてのご依頼。出演者3名でお伺いしました。

    余興の時間に15分のミニステージとして獅子舞と太鼓演奏をご披露。
    和のイメージの演出をされたいというご意向でお招きいただきました。
    新婦様が日本舞踊をされている関係でお客様に和服姿の方が多く
    客席も和の装いとなっていました。

    東京都 O様 お客様がご用意した音源での獅子舞

    「とにかくサプライズでやりたい!」というご意向。
    「このBGMでお願いします」と事前にご希望曲の音源をいただき、
    曲のどのタイミングでどう演じるかを綿密に打ち合わせます。

    司会の方の「新郎新婦の入場です」のあいさつと同時に
    ドライアイスがもくもくと・・・。
    扉があいて、現れたのは獅子舞。
    場内にざわめきと笑い声が渦巻きます。
    獅子舞の後方に控える新郎新婦様も笑いをこらえきれません。
    獅子に続いて新郎新婦が登場し、高砂までご誘導しました。

    東京都 I様 親族のお子様と一緒に入場

    新婦様のたっての希望というご依頼。
    できるだけお客様を噛んでほしい、というご要望で
    100名のお客様のお席をくまなくまわりました。
    参列したお子様3名に小獅子で協力してもらいました。
    「後をついてきても、好きに歩いてもいいからね」
    と打ち合わせたところ、自由に動き回って盛り上げてくれました。

    新郎、新婦様は終始立ってにこやかに見守っていらっしゃいました。
    演舞終了後、新郎様にごあいさつすると
    「いやー、楽しかった!」満面の笑顔でお話しいただきました。

    千葉県千葉市 O様のお父様からのご依頼

    新郎のお父様からの獅子舞のご依頼でした。
    お父様は生粋の江戸っ子で、お仕事は大工さん。

    新郎新婦ご入場の際にはお仲間と本場の「木やり」を披露されていました。

    「客席をまわる際には、まず木やり連中の所に行ってくれ。
    ご祝儀を用意しておくから」

    その言葉どおり、皆様が祝儀袋を小耳にお札をはさんだり、
    頭の上に乗せていたり、粋に演出していただきました。

    大阪府 O様披露宴での獅子舞演出 新郎新婦も小獅子で参加

    新幹線での日帰り移動での出張獅子舞。
    遠方のため、事前にお打ち合わせをすることができず、
    メールと電話で細かく打ち合わせをして当日を迎えました。

    新婦様のお色直しに合わせて再入場の際に獅子舞で
    先導させていただくプラン。

    新郎様には手のひらサイズの小獅子をお持ちいただき、
    一緒にご入場していただきました。

    まっすぐに高砂の御席に向かうのではなく
    参列のお客様のテーブルを順に回るキャンドルサービス風の演出。
    新郎様には獅子舞とともにお客様を噛んでいただきました。

    後日、新婦様からメールをいただきました。

    「みんな獅子舞の先導は初めて見たみたいで、
    二次会でもその話題でもちきりでした(笑)
    ゲストに楽しんでもらえたようで良かったです。」

    埼玉県川越市 Y様披露宴 獅子舞と太鼓体験

    お客様をおもてなしする余興としての獅子舞のご依頼でした。

    お打ち合わせの中で新郎様から「太鼓をたたいてみたい」という
    ご要望をいただきました。

    そこで、新郎様の太鼓に合わせて
    「ソーラン節」を踊る、というコーナーを設けました。

    獅子舞で会場の雰囲気がすっかり和んだ後に新郎様の登場。
    にこやかに見守る新婦様の前でこちらでご用意したハッピを羽織ります。

    お酒もすっかりまわっていらしたようで少々足元が不安定でしたが
    思いっきりたたけた、とご満足いただけました。

    参列のお客様も舞台の前に集まって
    写真撮影をされたり、野次を飛ばしたりと大盛況でした。

    新郎様には「楽しかった~!」「いい記念になりました」と喜んでいただけました。