自祝フェス2020、終了いたしました

2020年9月20日(日)埼玉県富士見市民文化会館キラリふじみにて
でん舎主催「自祝フェス2020」無事終了いたしました。

コロナウイルス感染防止のため、客席を定員の30%の使用にとどめました。
舞台上も演者どうしの密集を避けるために仮設舞台を設置しました。
演者には1週間前からの体調管理を義務付けました。
受付は接触作業をなくすため、紙発券ではなくメール発券としました。
窓口を設けず、物販も行わず、一切の現金のやり取りを行いませんでした。
などなど、さまざまな配慮をし、念入りに準備してきました。

出演者の中には2月以来7か月ぶりの舞台出演をする者もおりました。
長らくの自粛期間を乗り越えてのステージに、一同溢れる思いを演奏演舞に込めていました。
お客様からも大好評で何よりでした。
でん舎としましては、「ソーラン節」と新作の創作獅子舞「令和の獅子舞[希生]」の初お披露目をさせていただきました。

まだまだ芸能分野がコロナ前のような状況に戻るのは難しく時間がかかると思われますが、出演者一同、この日感じた思いを胸に一層精進していきたいと思っております。

ご来場いただいた皆様、またクラウドファンディングでご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。