無きゃ無いでいいじゃないの。今あるものをちゃんと見ようよ。あるものでどうにかしよう。

よく見かける論調

今の子は〇〇ができなくてかわいそう。

それはすべて

コロナのせいで。

学生だったら

修学旅行がないとか部活の大会がないとか

もっと小さい子なら

人の顔をマスク越しにしか知らないとか

できなくなったことを挙げはじめれば

いくらでもでてきそうですが

ほんとにそうなのか

今の子がかわいそうか、と。

我が家の子どもを見ていたら

そうかなぁ、と。

世の中がどうあれ

それなりに楽しむ術を心得ている。

無くなったものすべてを

惜しんでいるようには見えず。

とくに言える

学校が休みになれば、まぁ嬉しい。

2年前の3カ月休校時なんて

学校再開をがっかりしてたし。

そんなもんなんだ、と

仕事が吹っ飛びまくってあたふたしてた父は、平然とした子どもの姿に救われたり学んだり。

長男(中1)いわく

今も「部活(ができない)以外は別に(何とも思わない)」と。

しょせん

そんなもんですな。

無くなったものがあった時代が

ほんとに幸せだったのか。

無ければ無いで

どうにでもなる。

常に満たされているかのような

飽食なり情報過多なり

無くてすっきりするものだって

けっこうあると思うけど。

一時期流行った

断捨離とやら。

今はさしずめ

強制リセットか。

たしかに減った

お金も仕事も

出て行くお金も

減ったでござる。

いらない付き合い

遠慮なく断れる。

足るを知るで

生きて行かれる。

自分だけが仕事減ったのなら

そりゃ困りますが

今のご時世

一蓮托生。

諦めが肝心

なるようにしかならない。

そもそもいらない

「あの頃はよかった」的な復古主義。

人生いつでも

今が一番

♪想い出がいっぱい

名曲だけど、想い出より今がいい。

今あるもので

ちゃんと満たせる人でありたい。

その上で

足りないものをつかむために足掻いていくのです。

そこにある醍醐味

今に満足しないのは、満たされていないのではなく貪欲なだけ。

子どもたちに同情しているようで

ほんとに満たされていないのは誰なのでしょうね。

マスク姿の記念写真。これはこれでけっこう記憶に残ると思いますが。

マスクだってそりゃ不便ですが、慣れればそういうもの。慣れちゃいけないと言う人もいるでしょうが、変化できない生き物が絶滅したのは歴史上よくある話。逆に、頑なに拒むことで存在意義が高まることもあり。どっちが正しいかなんて、何百年もあとにならなきゃきっと分かりません。

雑感

Posted by densya