逃げるが勝ち。火中の栗を拾ったり、地雷踏みに行くのはやめましょう。

ときどきいます

「困難に立ち向かって乗り越えましょう」とか「ふたつの道があったら厳しいほう、難しいほうを選ぶ」とか。

悪いことは言わん

やめなはれ。

好き好んで

しんどいほうを選ばなくてよろしくてよ。

あえて選ばなくても

ヤツらはいくらでも、なんぼでも徒党を組んでやってくる。

人生なんてもんは

困難しかないと言っても過言ではない。

10のうち

1いいことあれば上出来。

残りの9は

はずれです。

いやいや

もっとか。確率は宝くじかパチンコか。

だからこそ

たまーにある当たりに狂喜乱舞するのです。

だから、もう一度言う

厳しいだけの道、つらかったりしんどかったりする方向にあえて向かっちゃいけないのです。

自分で選んだ道だって

日々困難にぶち当たる。

その時に考えればいい

はじめからシンドイことを想定しなくていい。

はじめからしんどいのが分かっているなら

やめておけ。

そっち行っても

いいことない。

ただし例外はある

そっち行ったほうが自分の実になる、とか鍛えられることを理解している場合。

つまりはこういうこと

ポジティブになれないのに、義理とかしがらみとかなんとなくで選択すると痛い目に合うよ、ということ。

いじめといっしょ

つらいときは逃げろ。逃げられなくても逃げろ。

そうは言っても

逃げられない時もある。

経験者は語る

気持ちはよく分かります。

とにかくだ

どんなタイミングでもいい。このままじゃいかん、と思ったら止めてもいい。逃げてもいい。引き返してもいい。気付いたときに、ふっと我に返った時に、少しでも冷静になれるように。

あなたのまわりにある

大切な人やあなた自身、多くの大切なものを犠牲にしてまで付き合わなければいけないモノゴトや人なんて、この世にいくつもないのです。

モデル 長男(8年前/もはや面影なし)

できるだけ心の動くほう、ポジティブになれるほう、楽しいほう、好きなほうを選んでいこう。それでも楽な道のりなんてどこにもないのですが、希望が見えていれば力にできるはず。

日常

Posted by densya