上下関係ってあまりいらないかも。横に広がればいい。

弟子つくらないの?

「カイデンさん、弟子取らないの?弟子作ったらいいのに」ある人に言われました。なるほどなー、ふつうはそう思うわな。

一年中食える仕事ではない

基本的に年間通してコンスタントな仕事はありません。季節労働者です。

ひとりなら食っていかれるけど

人を食わせる甲斐性がない。

人を増やすメリットも考えてみる

単純に規模は広げられる・・・かな。

でも、それって

ふだんからやっていること。年間通していないだけ。

弟子に近い人はいる

獅子舞に関しては、根っこの部分で理解し(始め)てくれていると思う人(およびチーム)はいます。

でも弟子ではない

それぞれに活動のベースがあるので。和太鼓だったり演劇だったり。

教え子であることには変わりないですが

でん舎を守ってほしいとか、まーったく思わん。

エッセンスを持ち帰ってくれればいい

その人たちの本業に活かせる要素を抽出して生かしていただければ幸いかと。

縦に深堀りするより

横に広がるネットワークのほうが作りたい。微々たるものではありますが、できつつあります。

ひとつの形にしたのが

はい。「自祝フェス」です。

もらってばかり

自分は力を貸してくれる方々のおかげでここまでやってこられました。ひとりじゃ絶対無理。

返したかった

もらったのは人のつながり。それを返すことで、ジャンルを超えたつながりを作りたかった。

自画自賛

それはまあ、できつつあるのかな、と。

「カイデンのとこ行くとおもしろいよ」と思ってもらえればいい

わりと、皆さんそう言ってくれるのでありがたいかぎりです。

トップダウンの組織はいやじゃ

えらそうな人多いのでね。うんざりします。

いろいろ言ってますが、実のところ

弟子入り希望者がいない。それだけですぜ。

弟子よりも「希生」を舞える人は増やしたい。ちょっと覚えるのは誰でもできます、やろうと思えば。その先をね、どう伝えていくかです。

日常

Posted by densya