どや顔してる暇あったら、どや顔できるだけの内面を磨け

「強さ」と聞いて何を思い浮かべますか

まずは肉体的な強さでしょうか。筋力、体力、持久力、瞬発力。マッチョなイメージか。

精神的な「強さ」なら

チャレンジ精神とか困難に負けないとか、でしょうか。

強さを誇る人

ほんとうに強い人ほど、あまりいない気がします。強い人ほど謙虚なイメージ。

どや顔してる人で

すごいなぁ、と思う人いない説。

強さを示したらまずい

ボクサーや相撲取り、人前でけんかしたら大変なことになります。下手したら人死なせちゃう。それくらいの力を持っている。

制御する理由がある

強さの使い方を間違っちゃいけない、と分かっているからなのでしょうね。

翻って周囲を見渡すと

誇示したい人ばかり。どれだけ稼いでるか。どれだけ慕われているか。どれだけ仕事があるか。などなど。

なんででしょう

だれも肯定してくれないからか、それを餌に人を釣って商売したいか。くらいですかね。

強さが見えにくい

我々のような業種だとその人のすごさはあまり見えません。

目に見える基準がない。だから欲しがる

分かるのは「上手い、下手」くらい。それでも分かりにくいです。

見た目派手ならOKの世界

中身薄くても見栄え良ければOK。それで受ければOK。それで悶えてる人もいます。

力があっても認められないもどかしさ

おれのほうが力があるのに。実力あるのに。なんで世に出られないの。そういうジレンマを抱えてる人が腐るほどいる。

ほんとに腐ってる

異臭する人もいる。発酵してる人もいる。ほんと。そういうのを「こじらせてる」と言うのでしょう。

ぜーーーーんぶ、却下

中途半端に勘違いしてる皆さんへ。出直しましょう。

認めましょうよ

力の無さを認めましょう。人をねたんだりうらやんだりするのをやめましょう。

表に出るには理由がある

運もあったかもしれないし、偶然かもしれない。それでも人にはないものを持っていた。あなたにないものを持っていた。それだけです。

言い古されてる言葉のとおり

弱い人ほどいきがる。弱い犬ほどよく吠える、というやつ。

そういう人ほど群れたがる

群れにいることで得られるものを自分の力と勘違いする。ぜーんぜん違うんですけどね。

ほんとにすごいのは

なんだかんだ25年。この世界にいて思うのは、ほんとにすごいのは「続けられる人」そして「謙虚な人」。

自祝フェス、2日目の出演者一同。いいチームでした。みな、一人でしっかりと立てる人たち。

雑感

Posted by densya