長いものに巻かれたいけど誰も巻いてくれません

面倒なことはきらいです

火中の栗を拾ったり、困難なことに立ち向かうのが好きな人。自他ともにそういう認識。迷ったら難しいほうを選ぶ習性もあります。無難を好まない傾向もあります。Mっ気があるのかい。そんな気がしなくもないです。

でも正直に申し上げるなら

楽したいです。つらいのは嫌です。めんどうなのは嫌です。痛いのも苦しいのも嫌です。暑いのも寒いのも嫌です。許されるならのほほんとぬくぬくと暮らしたいです。

分かってます。分かってますってば。

そんなのは無理だということが。ただの現実逃避であり、夢物語だということが。

誰かが引っ張ってくれるなら、付いていきたい

そう思えるリーダーがいないから、しかたないから自分でやるだけ。「一生ここにいるだろうなぁ」と信じていた所を辞めた時点で、もうそういう人やものには出会えないと悟りました。

長いものに巻かれたいけど、巻いてくれる長いものがない

だから自分でやるしかない。どうせ自分でやるなら、誰かが敷いた道より誰も歩いていなさそうな道を探して歩きたい。だれも巻いてくれないことを嘆くより、巻かれないで済むことを喜びたいのです。

巻かれたら楽なのにと思ったコロナ禍

仕事も無くなった。先の見通しもない。「だれか引っ張って」と思わなかったわけではありません。でも、我先に逃げようとしている人を見て「それじゃいかんな」と思って意地張りました。

コロナって悪いことばかりではなかった

あくまで主観です。今だから言えるわけでなく、かなり真っただ中のときからずっと思っていました。よいも悪いもあぶり出したと思います。

どん底でも心までは落ちぶれなかった

半年仕事なし、収入なしの時期を過ごしました。ふつうにどん底を経験しました。今も回復状態にはありません。それでもなお。失ったものも大きいけれど、得たものもかなりあります。

「人の器」の浅さがよく分かる

「巻く側」=長いものを提供していた側の浅さがバレました。使ってる布はぼろきれだ、と。しかも、真っ先に撤収して自分の身を守ったり。「意外とみんな、器ちっちゃいのね」と。コロナ後の在り方を考える上でかなりのヒントになりました。

長いものに巻かれたら楽ですが

考えるのをやめたら堕落します。それはまちがいない。巻かれるものも選ばないといけません。往々にして、巻く側が「親の総取り」を狙うのですから。なんにしろ利用されたら疲弊するだけですよ。巻かれる振りして巻き方を覚えるくらいでちょうどいいと思います。

巻くのはふんどしくらいでいい。

日常

Posted by densya