ため息をついても幸せは逃げない

死んだばあちゃんの教え

「ため息つくと幸せが逃げるよ」亡くなった祖母に言われたことをぼんやりと思いだします。ため息は嘆く気持ちの表れ。くよくよ、がっかりしないでいなさいよ。そんな意味合いだったような気がします。昔過ぎてよく覚えてはいませんが。

社会人になってからも言われる

大人になっても同じように言われたことがあります。あー、昔ばあちゃんに言われたっけ。先輩に言われたときそんなことを思い出しました。

わりとよくある言い伝えらしい

要は「嘆くなよ」ということなんですよね。

吐き出すにも良し悪しがある

息が詰まる、気持ちが急く、といったときに大きく深呼吸したくなります。それってごくごく自然な欲求。詰まってたら吐き出せ。よくよく考えると、なにも悪いことではない話。

よい運気なら逃がしたくないけれど

ため息をつくのは嬉しくないとき、悲しいとき。なら溜める必要はないのです。ふーっと吐き出して、ためこまないでリラックス、リフレッシュ。

我慢は美徳ではない

困難に耐えうる精神力を必要とするときは往々にしてあります。ただやみくもに我慢しろと言われて我慢する必要はないのです。辞めたいときは辞める、逃げたいときは逃げる、ダメなときは見極める。それができないことを責める筋合いはありません。

ためていいのは

お金くらいでしょうか。それだって人をおかしくする魔力がありますが。

ためないほうがいいのは

う〇こなんて、ためたら病気になります。コロナウイルスだって脂肪だって、出せるものは出してしまえばいい。

いらんものは吐き出して

心も身体もなるべく軽く。遠慮はいらん。気遣い不要。自分の心を大切に。

「クラウンパラダイス」のクラウンTOTTAさんと。一時期作品を仕込んで上演していました。力を抜いて笑いを取る巧みさを学ばせていただきました。また演りたい作品です。

日常

Posted by densya