「鳴物師秀」氏による「チャッパの神髄を知るワークショップ」を開催します

「鳴物師 秀」氏には、ここ6年程東京駅の獅子舞練り歩き等の出演にご協力いただいています。先の「自祝フェス」にも出演していただき、若手中心の出演者のまとめ役となっていただきました。彼の実力は言うまでもなく、「鼓童」「AUN J CLASSIC ORCHESTRA」で30年近く活躍されてきた実績は高く評価されています。一伴奏楽器だったチャッパが独立した楽器として脚光を浴びるようになったのは、確実に彼の功績によるものと言えると思われます。

そんな「鳴物師 秀」にチャッパの奥行きの深さだけでなく、彼が培ってきた経験や知識を多くの方に伝えていただきたいと思い、今回のワークショップを企画いたしました。コロナウイルス感染防止の観点から、各回10名限定で行います。その分、密度の濃い有意義な時間になるものと思われます。どうぞふるってご参加ください。

プロ、アマ、経験の有無は問いません。チャッパの音が思うように出せない方、一度やってみたいと思っていた方、太鼓チーム、和楽器チームの演奏の幅を広げたい方、鳴物師を目指したい方、どうぞお気軽にご参加ください。

終了後は秀氏を囲んでの懇親会を予定しております。合わせてご参加ください。

11月21日追記:
コロナウイルスの感染拡大状況を考慮し、29日の開催を中止とさせていただきます。
28日は定員を半分の5名に減らして実施の方向です。